初詣って特別な意味はあるの? いつまでに行けばいい?


年が改まって寺院や神社に参拝に行く初詣。

中には初詣にしか参拝に行かないという人もいるのでは?

 

また、お寺に除夜の鐘を突きに行き

家に帰ってから今度は神社に初詣に行く

こんな人もいるかと思います。

 

何の気なしに毎年行っている初詣ですが

何か特別な意味があるんでしょうか?

 

また、初詣はいつまでに行くのが正しいんでしょうか?

今回はそんな初詣のことについてお伝えします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

初詣の由来と意味

 

初詣が年始の習慣となったのはそれほど古くなく

今から100年ほど前のことだそうです。

 

古来、家の主が新しい年の家族の健康と安全を願い

大晦日の夜から元旦の朝にかけて

神社に籠もる年籠り(としごもり)」という習慣がありました。

 

その年籠りが年を経るうちに変化し

大晦日の夜の「除夜詣」と、元旦の朝の「元日詣」の二つに別れ

元日詣が初詣の由来になったと言われています。

 

一家の主が家族のことを思って寒い神社に籠る

「年籠り」って何かいいですね~。

現代にも復活してくれないものですかね。

 

江戸時代の元日詣は縁起のいい方角(恵方)にある

神社や寺院にお参りしていましたが

明治時代になって鉄道網が発達し、遠くまで行けるようになると

元日詣は恵方にこだわらなくなり、これが現代の初詣となりました。

 

昔は年ごとに違う神社や寺院にお参りに行ってたようですね。

私は初詣は毎年、近くの神社と決めているんですが

みなさんはどちらに行かれてますか?

 

「初詣の由来が元日詣であり、さらにそのルーツが年籠りである」

ということから考えると、初詣は新しい年の家内安全を祈願するという

意味があるんですね。

 

参拝が遅くなればなるほど、ご利益がある期間が短くなるので

早く参拝するほうがいいということです。

 

 

 

 

初詣

 

 

初詣はいつまでに行く?

 

年が明けて最初に参拝するのが初詣なんですが

2月や3月に行くのはさすがに初詣とは言いがたいですよね。

 

普通はお正月の三が日に参拝するのを初詣と言ってます。

でも、これにも決まった定義はないようです。

 

宗派によってもいろんな考え方があり

1月中にする参拝を初詣と呼んだり

初詣は松の内に行けば良いというところもあります。

(松の内は門松などのお正月飾りを飾っておく期間です)

 

さらに松の内の期間はおおまかに関東では1月7日まで、

関西では1月15日までなので

これだけでも「どっちなの?」と思ってしまいます。

 

こういった考え方がごっちゃになって情報として入ってきたため

初詣にはいつまでに行ったら良いのか

分からなくなってしまったんでしょうね。

 

元日詣が初詣の由来だということを考えると

本来は元日の朝に参拝するのが初詣なんでしょう。

 

ですが、時代とともに風習もどんどん変わっていますし

住んでいるところによっても違います。

 

「初詣はいつまでに」というような少し硬い考えをせずに

行けるときに行けばいいのではないのでしょうか?

 

それで神様や仏様が怒るとは思えませんよね。

 

 

まとめ

 

 

・初詣は古来、家長が大晦日から元旦にかけて行っていた「年籠り(としごもり)」がルーツ

・年籠りが「除夜詣」と「元日詣」に別れ、元日詣が初詣の由来となった

・いつまでが初詣という決まりはない

 

初詣の習慣が100年ほどしかないとは

ちょっとした驚きでした。

交通手段が発達していない時代としては当然ですね。

 

初詣は新しい年の元旦の朝に行ければ

それに越したことはないのでしょうが

いつまでに行けばいいかという決まりはありません。

 

これまでのことに関する感謝の気持ちを伝え

これからも幸せでいられますように祈り

真摯な気持ちで参拝するなら

いつ行っても良いのではないかと思います。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Sponsored Link


One Response to “初詣って特別な意味はあるの? いつまでに行けばいい?”

  1. Marnie より:

    It’s imepiatrve that more people make this exact point.

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ